栃尾豆庵について

230年の伝統と「名水杜々の森」の地で育まれた油揚げ。

「とちお油揚げ」の本場栃尾より油揚げ・豆腐等の直送販売をいたしております。230年の伝統と「名水杜々の森」の地で育まれた油揚げ。職人が1枚1枚丹念に手造りで仕上げたこだわりの味を是非、お召し上がりになってはいかがでしょうか。きっと”おいしい”とご満足いただけると思います。

栃尾の油揚げ

栃尾と言えば、おいしいあぶらげ(油揚げ)。
全国にその名を知られる栃尾の『ジャンボあぶらげ』その油揚げは通常の油揚げの約3倍。
長さ20~22cm・幅6~8cm・厚さ3cmというあまりの巨大さに厚揚げと間違えられる程。
口に入れるとずっしり食べごたえもあれば、パリっとした歯触り良い適度な弾力もあり、
ふっくらとした柔らかさで淡白な風味が口いっぱいに広がります。

とちお油揚げの誕生

今から三百余年の昔、火の神様として崇められていた栃尾の秋葉神社の神宮から参拝人のお土産を考えて欲しいと頼まれた当時の豆腐屋林蔵が江戸で修行し、考えだされたものです。
当時、馬市(馬の売買)が盛んで仲売人達の間で酒の肴として大変好まれていました。今の大きさになったのはこの頃と言われています。
山間地である栃尾は魚介類の入荷が少なかったため、タンパク質や脂肪を他の食品から摂る必要性があり、それに適していた油揚げをたくさん食べる習慣が根付いたと考えれています。

美味しさの秘密とは

その美味しさの秘密はどこにあるのかというと・・・
にがりを入れるタイミング』と『ニ度揚げ』にあります。
普通の豆腐は沸騰した豆乳ににがりを入れますが、栃尾のあぶらげは沸騰する手前で入れます。
このタイミングが非常に重要です。
油揚げ用の豆腐ができたら、最初は低温鍋でゆっくりと揚げ、浮き上がってきたら高温に。
2度揚げする事により、中身がスポンジ状に変化するのでこのような食感になっていきます。

詳しい製法はこちら

会社概要

販売業者 有限会社 栃尾豆庵
運営統括責任者 土田 泰盛
所在地 〒940-0131 新潟県長岡市吉水1631-1
TEL.0258-52-9004 FAX.0258-52-9542
資本金 300万円
設立 平成13年
取り扱い品目 栃尾名物とちお油揚げ 味付け油揚げ各種 豆腐

アクセスマップ

大きな地図で見る

ご注文・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話からのご注文・お問い合わせはこちら 0120-42-0141
TEL:0258-52-9004 FAX:0258-52-9542
(営業時間) 直販所: 7:30~18:30(休業日:1月1日)
飲食店舗: 11:00~14:00(休業日:1月1日)
Webからのご注文・お問い合わせはこちら

オーダーフォームからご利用いただけます。

有限会社 栃尾豆庵
直販所・飲食店舗:長岡市吉水1631-1(行政区:二ツ郷屋地内)

←大きな看板が目印です。
アクセスマップはこちら
【↑】このページの先頭部分まで戻ります。